2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

検索フォーム
登場人物

とら子

Author:とら子
■ランディ
2009年11月5日生まれ
パイド系男子
■ラミ
2011年3月16日生まれ
フォーンパイド系女子
■うさ夫
兎党のランディ&ラミのパパ
■とら子
虎党のランディ&ラミのママ

ランディ's PROFILE
ラミ's PROFILE
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
LOVE LINK
月別アーカイブ
ランディ&ラミを人間化?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左後足内腿に膿発生

※長文です※

左後足内腿辺りに急に出血があり、
昨日(今日?)の夜中に救急病院へ行きました。

事の発端は下記の様な感じです。

18日(水) 夜
左後足内腿に虫刺されの様な赤い湿疹発見。
(散歩が終わった後体を拭いてあげる時に気づく)
元々内腿はブツブツがでやすい為、
「またいつものブツブツかな?」と思い特に気にせず。
ただ「いつもの」よりはちょっと赤みが大きかったが、
「虫刺され?」それとも「大きいのは気のせい?」ぐらいにしか思わず。

19日(木) 終日
特に変化なし。

20日(金) 朝~夕方
特に変化なし。

20日(金) 夜 20:00頃
いつものお座りポーズ(オネエ座り)をする時だけ、
「ちょっと左後足がおかしいかな?」と思い始める。
でも歩き方には問題ない為「気のせいかな?」と思う。

20日(金) 夜 22:30頃
左後足の内腿から出血を発見。
水曜日に「虫刺されかな?」と思った箇所がすごく腫れてる。
左後足が曲げ辛そう。

1_20100823111548.jpg

2010-03.jpg

こういう感じです。

で23:00頃、仕事から帰宅したうさ夫に事情を説明し、
うさ夫がランディの具合を確認しようと患部を押さえたところ、
飛び跳ねる様に痛がったので慌てて救急病院へ行きました。

0時過ぎぐらいに着き1時間以上待ったところで診察です。

救急病院のお医者様へ診てもらったところ、
患部から出てるのは血ではなく「膿」だと言われました。

急に膿が出てきたのは、
元々傷口の中には膿がたまってたけど、
なんらかの事情(傷を舐めたとかこすったとか)で、
体外に膿が出てきたそうです。

虫に刺されたか木の枝等の尖ったものに刺さったかはわからないけど、
どちらもとりあえず膿を出したら痛みはひくと言われ、
膿を押し出し取り除きました。

ただ、虫刺されなら膿を出したら治るけど、
木の枝等に刺されたとして、まだその木の枝が体内に残っていたら、
患部を切開しその膿の根源を取り除いて中身を消毒しないと、
また膿は発生すると言われました・・・。

とりあえずここはあくまでも救急病院なので、
抗生物質(ラリキシン)を出され明日かかりつけの病院に行くということで
診察はしました。

話が少しそれますが、
帰宅後にこの抗生物質を飲ませたら、
飲んだ後30分後に吐き出してしまいました・・・。
翌日かかりつけのお医者様に聞いたら、
「すきっ腹で薬を飲んだから」と言われました(汗)
確かに薬をあげたのは深夜2時くらいでしたが、
救急病院の先生に「帰宅後にすぐ飲ませて」って言われたからなのに、
と(正解はわかりませんが)ちょっと病院不信になってしましました・・・。

話を元に戻しますね。

21日(土)の夕方までうさ夫が仕事だった為、
うさ夫が帰宅後にいつもの病院へ行きました。

主治医の先生も昨日の救急病院の先生と同じ意見で、
膿の根源をまず取り除かなくてはいけないとのことでした。

とりあえず患部の状態を診るため鉗子で傷口を開けるとのことだったので、
ランディを抑えつけました。
4人がかりで(汗)

ランディは基本的になんかあっても吠えたりしないのですが、
(昨日うさ夫が傷を押さえても無言でバタバタするだけ)
さすがにこの時はかなり痛かったらしく(傷口を開くから痛くて当たり前)
「ギャウ!!」と言ってバタバタし始めました。
そんなランディの声を聞いたのは初めてだったので見てる方も辛く、
ただ「がんばれ」とか「エライね!」ぐらいしか言えませんでした・・・。

消毒も終わり先生が言うには、
歩き方も変ではないし、
傷口を押してももう膿は出ず、出血のみで、
何も異物も出てこないから、もう大丈夫だろうとのことでした。
ただ本当に小さい異物が体内に入ってることもあるとのことなので、
一週間後再診の約束をし、抗生物質を貰い診察は終了致しました。
(ちなみにこの抗生物質は稀に下痢になることがあるとのことで、
下痢になったらすぐ病院に電話をして、とも言われました)

散歩は通常通りでOK(ただし本犬が嫌がったらやめる)で、
シャンプーも患部を清潔にするんだから問題なし、ということでした。

家に帰ってからはいつも通り元気なランディだったので、
本当に安心しております。
薬が効いてきたせいか腫れもマシになりました
元気いっぱい走り回ってます!

「たかが虫刺され」なんて思わず、
ちょっとでもいつもと違う様子を発見したら、
キチンと診察していただいた方がいいとつくづく思った出来事でした。
(過保護かもしれませんが、
 正直医者に診てもらった方が精神的にも安心しますし)

ちなみに、傷口を舐めてはいけない(口からのばい菌が入る)とのことで、
犬生初のエリザベスカラーです。
一緒にいる時は舐めなければ着けなくても大丈夫とのことだったんですが、
とりあえず着用してみました。
(寝るときも外してOKとのことでした)

IMG_2098.jpg

ものすっっっっごいテンションが下がってしまいました
早くよくなりますように・・・。


(追記)

8月28日の再診の結果ですが、
だいぶ良くなってきているけど、
完全に膿をだすため、
もう1週抗生物質(ラリキシン)を飲むことになりました。
スポンサーサイト

コメント

Secret

★ランキング参加中★
とっても励みになりますので
よろしくお願いします(^o^)/ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへフレンチブルドッグひろば
★ご注意★
「通院・検診メモ」についての記事についてですが、過去の日付にて差込更新している場合がございます。その為、いきなり記事が増えていることもございますが、ご了承下さいませ。
Instagram @torako244
twitter @torako244
細々とつぶやいております。
ドック用品ランキング
@Amazon
ドックフードランキング
@楽天市場
ドッグウェアランキング
@楽天市場
とら子へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。