2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

検索フォーム
登場人物

とら子

Author:とら子
■ランディ
2009年11月5日生まれ
パイド系男子
■ラミ
2011年3月16日生まれ
フォーンパイド系女子
■うさ夫
兎党のランディ&ラミのパパ
■とら子
虎党のランディ&ラミのママ

ランディ's PROFILE
ラミ's PROFILE
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
LOVE LINK
月別アーカイブ
ランディ&ラミを人間化?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラミ、中度のアレルギー症状発症。

こんにちは。とら子です。

今回の記事はかなりの長文です。

自分自身の記録と、
何か少しでも他の方の参考になればと思い書くことにします。

・・・さて、
Instagramには少しアップしたんですが、
1月27日の夜、ラミの体調がおかしくなりました。

ラミは半年ほど前から、
減感作療法というアレルギー治療をしております。

減感作療法の詳細ついては、
別途詳細を書きますが、
要するに人間の花粉症治療と同じです。
体内に注射でアレルゲンを入れて、
免疫を高めていく治療です。
(ものすごいザックリとした説明でスミマセン)

1月27日も、
この治療を受けに病院へ行き、
病院から帰った後の出来事です。

以下、ザックリですが時系列にて・・・。


1月27日 19時15分頃 ↓↓

病院へ行き、
いつもどおり減感作療法の注射をうちました。

今回から少し濃い液体になるとのこと。
次回は1ヶ月後(2月24日前後)になりますと言われ、
いつもどおりに病院をあとに。


19時50分頃 ↓↓

家に到着し、
ランディとラミの散歩がてら近所のスーパーへ買い物へ行く。
(実質散歩時間は10分程度)


20時00分頃 ↓↓

買い物を終え、帰宅。
ご飯の用意等家のことをし始める。

この時ラミの様子に特に変化なし。


20時20分頃 ↓↓

ふとラミをみると、あきらかに様子がおかしい・・・。
ラミが顔を上げた瞬間、血の気が引きました。

顔がパンパンに腫れている!!(お岩さんみたいな顔)
体にも大きい湿疹がボコボコできている!!

あのラミの大きな目に生気がない・・・。
元気がなくぐったりしている・・・。


「ラミが大変!!!!」

慌ててダンナを呼びながらも、
私は手と足が震えだし、パニックに・・・。

原因としてまず真っ先に浮かんだのが、
減感作療法の注射。

あれは体内にアレルゲンを入れる治療だから、
たしかアレルギー関係の病気のって、
アナフィラキシーショックとかいう症状かも。

アナフィラキシーショックに対する知識はないけど、
もしそうなら、最悪の場合は・・・・・死?!

一瞬のうちにいろんなことを考えてしまい、
ますますパニックになる私の横で、
冷静に対応するダンナ。
(今思えば冷静に対応してくれて良かった

とりあえず病院に電話するも、
かかりつけの病院は20時にて閉まるため、電話に出ない。
同系列病院の夜間対応の病院に電話すると、
「連絡しましたので、大至急かかりつけの病院に向かって下さい」とのこと。

ラミをかかえ、ランディも一緒に病院へ向かう。

正直あんまりこのへんのことはよく覚えてません
ただ病院までの道のりが長かったことと、
ひたすらラミに話しかけてたことしか覚えてません。


21時00分頃 ↓↓

ようやく病院到着。

先生曰く原因は不明だが、
減感作療法内のアレルギーに反応したのではないか?とのこと。
たしかにアレルギー症状の中で、
重度な症状でアナフィラキシーショックがあるが、
痙攣を起こしてないため中度の症状らしい。

顔の腫れが引いたら問題ないとのことで、
腫れを抑える薬を注射。

注射
ボスミン(10倍希釈 0.9ml → 静脈内注射)
プレドニゾロン(1ml/kg → 皮下注射)


顔や全身が腫れているということは、
内臓も腫れている可能性が高く、
下痢や嘔吐の要因となるため。
ご飯は控えるとのこと。

明日の午前中に再度診察に来てください、
ただ様態が急変するようなら、
救急病院に行って下さいと言われ、
病院をあとに。


21時15分頃 ↓↓

帰りの車の中でラミが突然吐く。
今で一度も車酔いはしたことない。
また慌てて電話してみたが、
さきほど言われた通り、
内臓に炎症を起こしてるからとのこと。

舌が青かったら危険とのことだが、
舌は赤いのでとりあえずこのまま家に向かうことに。


21時30分頃 ↓↓

帰宅。

家に着いたら、
ぐったりした様子はなく、
「腹減った」と言いたそうな顔でみるラミ。
ちょっと安心・・・


23時30分頃 ↓↓

まだ腫れがひかない。

ちょっとはマシになってる気もするけど、
静脈注射は即効性があるハズなのに・・・。

もしかしたらこのまま明日の朝になれば引くのかもしれないけど、
もしかしたらこのまま引かないかも、明日の朝を迎えれないかも・・・。

またもやどんどん不安になっていき、
迷うぐらいなら!と、急遽別の救急病院へ。
(かかりつけの病院の夜間対応は23時までなのと、
救急病院の方が家から近いため)


23時45分頃 ↓↓

救急病院では待合室。
待ってる間に少し腫れが引いた、気がした。


1月28日 00時15分頃 ↓↓

順番がまわってきた。
救急病院の先生曰く、
「少し体温が低くなってるので薬の利きが悪いのかも」とのこと。

かかりつけの病院の先生が打ってくれた注射は、
間違ってないが、
念のため抗ヒスタミン剤(レスミン)を注射


1時00分頃 ↓↓

ようやく帰宅。
ラミもランディも眠そう。
とりあえずこのまま就寝することに・・・。


7時00分頃 ↓↓

起床。
まぁ、ほとんど眠れませんでした(汗)

寝てる間になにかあったらどうしよう。
朝起きてラミが冷たくなってたらどうしよう。
そんなことをグルグル考えてながら、
ラミの顔を見ていました。

とはいえ、いつのまにか寝てしまっていて、、
目が覚めて、慌ててラミの症状をみてみましたが、
かなり腫れがひいた様子。
ただまだ完全に腫れはひいていない。
赤みが残っている感じでした。

でも当のラミは、
丸1日何も食べていないせいか、
少しだけごはんをあげると、
いつもどおりのマッハ食いっっ!!

食欲はある元気はある


11時00分頃 ↓↓

かかりつけの病院に行き、
主治医に見てもらったことろ、
もう問題ないとのこと。
ただ心配なので内服薬を1週間服用する。

1月28日のお薬

0128-1-1.jpg

プレドニン・・・ステロイド
0128-2-2.jpg
1日1回、2錠ずつ服用。(1/28~1/30)
1日1回、1錠ずつ服用。(1/31~2/3)


12時00分頃 ↓↓

さすがに昨夜から疲れたのかランディとラミは爆睡モード
私も安心したせいか、ウトウト・・・


17時00分頃 ↓↓

寝すぎた(汗)

慌てて起きた私にビックリして、
ラミも起きる

ラミの顔を見てみると、赤みも引いてる
もういつものラミに戻ってる!!!

よかった


19時00分頃 ↓↓

晩御飯もマッハ食いのラミ


20時00分頃 ↓↓

私が晩御飯を食べていると、
いつも通り、
「何かください」と机のしたをちょろちょろしてるラミ

今までは「しょーがないなー」ぐらいで、
何も思わなかったこのラミの行動に、
こういうことが幸せなんだなー、と号泣し、
そんな私を見て、
ラミとランディの頭に「?」マークが浮かんでるところで、
長い長い1日が終わりました・・・。

【終】



私の書いた内容は、
人によってはオーバーに見えるかもしれません。
今はラミもいつも通りなので、
こうやって冷静に思い出しながら文章が書けますが、
その瞬間は、
顔の血の気がひく、
ラミをかかえる自分の手、
ラミをかかえて歩き出す足、
自分の体が震えているのが自分自身でわかりました。

今まで当たり前だった大切な存在がいなくなるかも、
と思ったときの恐怖や不安は、
今思い出しても胸が締め付けられます。

自分にとってあたりまえだったことを、
本当に本当に大切にしようと思った1日でした。


あと誤解しないでいただきたいのが、
減感作療法はキケンです!ということが言いたいのではありません。
実質、ラミのひどい湿疹(体をカイカイする行動)は、
かなり軽減されていますので、
効果はあります。

今回こういた症状が出たことは、ごくマレな話しですし、
もしかしたら病院から帰った後外を歩かせたことがダメだったのか、
本当に薬が原因なのか、
外と家の中の寒暖さが原因なのか、
はっきりしたことはわかりません。

ただ、こういったこともあるということをお伝えしたかったために書きました。

この記事の下の方にラミの写真もありますが、
中度のアレルギー症状がこういった感じになるということが、
少しでも参考になればと思いアップしております。

不快に思われる方や、
ご覧になりたくない方は、
ここで引き返していただけると幸いです


長文にお付き合いいただき、
ありがとうございました。
 

 

追伸・・・・

今ラミは、とっても元気ですよーっっ!!




↓↓




 

ここからラミの写真です。

発症したは直後は全く余裕がなく、
写真が撮れませんでした。

病院にて注射を打ったあとの写真(1月27日23時過ぎ)と、
翌朝の写真をアップします。

1月27日23時過ぎ頃 ↓↓

20130127-1.jpg

20130127-2.jpg

ピーク時よりは腫れが少し引いた写真です。
発見したときは、
この写真の1.5倍は腫れあがってました。
(動揺して写真を撮る余裕がありませんでした

体の写真はないですが、
体の腫れの方が酷かったです。


1月28日8時過ぎ頃 ↓↓

20130128-1.jpg

かなり腫れが引いてます!
ただこの写真ではわかりづらいですが、
よく見ると、↓↓

20130128-2.jpg

20130128-3.jpg

まだ目の周りに赤みがあります。
スポンサーサイト

★ランキング参加中★
とっても励みになりますので
よろしくお願いします(^o^)/ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへフレンチブルドッグひろば
★ご注意★
「通院・検診メモ」についての記事についてですが、過去の日付にて差込更新している場合がございます。その為、いきなり記事が増えていることもございますが、ご了承下さいませ。
Instagram @torako244
twitter @torako244
細々とつぶやいております。
ドック用品ランキング
@Amazon
ドックフードランキング
@楽天市場
ドッグウェアランキング
@楽天市場
とら子へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。